有馬温泉の「林渓寺」は手入れが行き届き、癒される場所

有馬温泉の観光地エリアから少し奥の方に行ったところに、保育園があります。その隣が、林渓寺というお寺です。

林渓寺の近くには、ミシュランで星が付いている「むら玄」という蕎麦屋もあります。
参考:有馬温泉の蕎麦屋「むら玄」でざるそばを食べた感想

林渓寺に行って写真を撮ってきたので、様子を紹介します。

坂と階段を登る

道から林渓寺へ入るには、坂と階段を登って行く必要があります。それほど長くはないですが、思いのほか急です。

有馬温泉 林渓寺の入り口

階段のところまでたどり着くと、入り口の門が見えてきます。 

有馬温泉 林渓寺の門

古くからあるのか、かなり立派なお寺です。

arima_rinkeijiの門

お寺の様子

中に入っても、丁寧に管理されているのかとても美しい場所だな〜という印象を持ちました。

春に行ったのに、もみじのような赤い葉っぱもありました。

有馬温泉 林渓寺の様子

手水場の様子。

有馬温泉 林渓寺の手水場

石碑。名所?と書かれてるのかな。

有馬温泉 林渓寺の石碑

菩薩観音。

有馬温泉 林渓寺の観音菩薩

お寺の本殿

入口から奥に進むと本殿があります。かなり立派な感じ。

有馬温泉 林渓寺の本殿

林渓寺についての歴史は以下の写真に書かれていますね。真宗大谷派だそうです。

慶長6年(1601)池の坊法順の開基。真宗大谷派に属し、湯山御坊と称せられていました。境内には、未開紅と名付けられた樹齢200年以上の紅梅があり、この実を食べると子宝に恵まれるといわれています。

有馬温泉 林渓寺について

正面から見た図。

有馬温泉 林渓寺の本殿

扉に付いていた模様。これはなんだろうか。梅かな?

有馬温泉 林渓寺の扉

有馬温泉には神社やお寺がいくつもありますので、温泉や観光ついでにお参りしていくのもいいですよ。

参考:有馬温泉にある神社のまとめ

住所・地図

住所:神戸市北区有馬町1644

スポンサーリンク

この記事のライター

Hiroki Matsumoto
1983年生まれ。神戸北ぶらり歩きの発案者。
生まれてからほとんどの期間、神戸市北区に住み続けている。このサイトをきっかけに神戸市北区に活気をもたらすことが目標。

神戸市北区のこと、紹介してみませんか?

神戸北ぶらり歩きでは、記事を書いてくださる方を募集しています。
詳しくは「メンバー募集」のページで。

ブログを気に入っていただけた方へ

新しい記事の更新情報をTwitterFacebookGoogle+で発信中です。

RSS購読を希望される方へ。フィードのURLはこちらです。
Feedlyにも対応しています。

  • follow us in feedly

神戸北ぶらり歩きの想い

トップページに戻る

北区に住みませんか?

北区で仕事しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です